FC2ブログ

地球温暖化は嘘か本当か

エージェントは駒、便利な駒、さんざん使って、最後は捨てる。それも、切り捨てるものである。

 そして、今度は破綻主義者・陰謀論者の処分が始まると書いた。

筆頭は元外交官の原田武夫だろう。

ただ、それは自身の行い次第だと書いた。

 さっそく、こんな記事が投稿された。

 地球温暖化という壮大な虚構

 米国民にとって、もはや地球温暖化は「問題」ではなくなりつつあるのだ。

それもそのはず、“温暖化”といいつつ、この2月になって米国東部地域を襲ったのは歴史上稀に見る「豪雪」であった。“温暖化”していれば、本来あり得ないと考えるのも当然だろう。

しかし現実に雪、また雪という毎日が続く中、ワシントンでは政治が事実上マヒするという異常事態すら発生している。



 先日のワシントンの大雪で政治が止まったという記事があった。

それ以来、破綻主義者は「それみたことか、地球温暖化なんて嘘なんだよ」と声を荒げた。

 私も、地球温暖化には否定的立場を取ってきた。

2003年か2004年くらいからか、「地球温暖化なんて大嘘だ」とか「地球化は氷河期に向かっている」と書いてきた。
しかし、先日のワシントンの豪雪を見て、破綻主義者のように「それみたことか」とまでは思わなかった。

 地球温暖化も氷河期も長い長い時間をかけて少しずつ進行する。

その途中では寒い時、暑い時もある。長期にわたる自然現象をちっぽけな人間のスケールで考えるほど、バカではない。


 だから、たった数日間の豪雪で「地球温暖化なんて大嘘」とまで言うようなことは、想像すらしなかった。

 だから、原田のこの一文を見て、私は「原田はヤキがまわったか?」と思ってしまった。

 まぁ、短い文章で、確定談でもないちゃちい一文の中で語られたことであって、「地球温暖化なんて大嘘」とまでは言っていないから、「原田はヤキがまわったか?」とまで思うのは可哀想かもしれないが、「原田はヤキがまわったか?」と思ったのは事実だ。

 もしかしたら、本当に「原田はヤキがまわってしまった」のかもしれないが、もし「原田にヤキがまわっている」のなら、そろそろ潮時だろう。

 --------------------------------------------------------------

 なんて思いながら読んでいたら、最後の最後に面白いこと書いてやがった。

 実に気になるのは、これまで要領よく「道化師」を務めてきたアル・ゴア元副大統領、ひいてはその「上司」であったビル・クリントン元大統領のことだ。

「役割」を適時的確に演じている間はそれなりの待遇を約束するが、用済みとなれば一気に切り捨てるのが米欧勢のエスタブリッシュメントである。

きっと彼らの身にもそろそろ何かが起きるのではないかと思っていた矢先、12日朝(日本時間)、ビル・クリントン元大統領が「胸が痛いので緊急入院した」との情報が飛び込んできた。確かに“何か”が動きつつある。


 さらに気になって仕方がないのが、こうした米国勢におけるこれまでの“道化師”役とあうんの呼吸で日本勢における“道化師”役をつとめてきた人物たちの行く末である。

既に大きな“潮目”が時々見え始めてはいるが、決定的な段階が訪れているわけではない。

果たしてそうした「真実の時」はこの春なのか、夏なのか。そしてまた「その次」には一体どんなビジネス・モデルのために、誰が“道化師”を演ずることになるのか?――引き続き緊張する日々が続く。




 まるで、自分は蚊帳の外みたいな言い回しだ。

 行いの悪い子には罰があるのが世の中の決まりである。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか