FC2ブログ

検察をつぶせば裏金も、そして小泉、竹中や自民党の全ての悪事が天下にさらされる 

【ライジング・サン(甦る日本)】
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/377.html
「検察の裏金問題が表ざたになること」を「検察が潰れる」と検察幹部は表現する。

小泉政権ではこの問題で、検察が内閣に借りを作り大臣クラスを事件にはできなかった。

小泉や竹中の疑惑を追及しなかったり、その他自民党や大御所の疑惑が全く捜査されていないのがそれである。

自民政権と検察は持ちつ持たれつ、一連託生の関係にあったわけだ。暴走する検察への対策の方向性がはっきり見えてきたようだ。


(以下、転載)


http://ameblo.jp/kriubist/


本日の植草氏のブログ「知られざる真実」に、元大阪高検部長 三井環氏の講演録が記されている。

すでに読まれた方もいるとは思うが、読まれてない方も是非読んで欲しい。


検察裏金告発で弾圧された三井環氏講演録①
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-74d0.html


検察裏金告発で弾圧された三井環氏講演録②
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-4e0c.html


検察裏金告発で弾圧された三井環氏講演録③
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-4e0c-1.html


そして現在、そして昨年、そしてその前からも検察が自民党の議員らの疑惑を何故見過ごしたり、捜査をしなかったのかが分かった。 

以下、私が分かった理由が 上記②にあるので転載する。


(転載貼り付け開始)


(中略)


話は戻りますが、3月末にそういうかたちで刑事告発しました。

そして、その3月末頃の情報では、当時大阪地検の検事正だった加納駿亮氏が高松高検検事長になるということが事実上内定していたんです。

検事長人事というのは内閣の承認がいります。法務当局はどうしたのかと言いますと、当時は高村法務大臣ですが、高村法務大臣にはこの告発の事実を隠していたんです

。隠したまま、「加納氏を高松高検検事長に」という上申を高村法務大臣にしたんです。そして、4月23日がその内示予定だったんです。

その直前に川上氏が高村法務大臣の秘書官に告発状を全部持って、会いに行ったんです。

そこで初めて、この事実が高村法務大臣の知れるところとなった。そのために、加納氏の人事は先送りです。


この時期、4月28日の政変で森総理から小泉総理に代わりました。

法務大臣は森山真弓に代わりました。

それでもまだこの人事をあきらめきれずに、法務当局は交渉した。

しかし、連休明けの5月7日、結論は先送りになったんです。

加納氏の1期下の宗像(むなかた)氏が高松高検検事長になった。

これが5月の人事です。ここまではいいんです。


次に、その年の11月15日に福岡高検検事長が定年で辞めることになったんです。

この時も、やはり森山法務大臣です。

今度は、法務省は福岡高検検事長に加納氏を上申したんです。

しかし、(大臣は)なかなか難色を示して、どうにもならなかったんです。

そこでどうしたのかと言いますと、検察・法務当局は困ったんでしょう。

いわゆる「けもの道」を通ったんです。


「けもの道」というのは私が付けた名前ですけれども、当時の原田明夫検事総長、事務次官の松尾邦弘、刑事局長の古田佑紀、古田は後藤田正晴氏が法務大臣だったときの秘書官だった人間です。

その3人がそろって、10月26日だったと思いますが、東京・麹町の後藤田事務所を尋ねました。

そこには後藤田元法務大臣と秘書官がいました。


それで、彼らは「加納の検事長人事を内閣で承認してくれないと検察が潰れます」と泣きを入れたんです。

潰れるというのは、検察の裏金問題が表ざたになるという意味だと思います。

当時は、週刊文春とか週刊朝日がすでに裏金問題を報じていました。

そして、(後藤田氏は)小泉の秘書官の飯島に電話連絡しました。

そして、その日の会談はそれで終わって、翌日、小泉に原田検事総長が直談判をした。

そこで事実上、加納の検事長人事が承認されました。

正式な閣議は11月13日なんです。そこで正式に承認されました。


こんなことをしたらどうなりますか。

「検察が内閣に借りを作る」という一番やってはならないことをやったんです。

内閣の助けを求めた。

こんなことをしてしまったら、内閣を構成している大臣クラスを事件にはできません。

ここまでやるんです。



「国策捜査」は昔からありましたが、私は、ここが最近の国策捜査の原点だと思っています。

例えば、内閣の誰かを逮捕できるような事件があったとします。

そしたら、小泉が「裏金どうするの?」と言う、それだけでいいんです。

事件にできません。

できるはずがないんです。

後藤田さんはもう亡くなりましたけれども、この事実は彼の秘書から聞いた話なんです。


(以下後略)


(転載終わり)



最後の赤字(+青字)の事が、最近で言えば麻生政権で漆間元内閣官房副長官が「自民党には波及しない」と言った意味が理解できるだろう。

小泉や竹中の疑惑を追及しなかったり、その他自民党、自民党の大御所の疑惑が全く捜査されていない。 

おそらく「押尾事件」に絡んでいるだろうとネットで言われているM元首相やH勝○に捜査が及ばないのはそのせいであるだろう。

政権交代が起こった。 

だから検察に弱みのなかった民主党、鳩山政権、小沢氏に対して検察や警察が今も恐れているのだ。 

そして郵政DM事件、西松問題、鳩山献金、小沢4億円など、どう考えても検察のアラ探し、犯罪でないものを犯罪に仕立てる裁量権をもつ検察の最後の抵抗である。 

郵政DM事件も西松問題もすでに証人が検察の主張を覆す証言をしている。 

鳩山首相の問題も結局何もでなかった。 

残る最後の抵抗が、現在も続けられている検察、自民、マスゴミの「小沢氏への攻撃」すなわち「国民への攻撃」である。  

もう一つ言い方を付け加えるとすれば、やはり司法(検察、裁判官、警察)、自民党の日本がひっくり返るような悪事が天下にさらされるのを、何としても阻止するための大規模な謀略である。 

それに加担しているのがマスゴミであり、マスゴミも検察にしっぽを握られているのだろう。

検察、自民党の悪事がバレルことによって、当事者、関係者、親族らは血を流す事になるのだろうが、そんな事はどうでもいい。 

願ってもない事だ。 

長期に渡って国民の税金をすすり、罪のない人たちを自分たちの行いを隠蔽するために犯罪者に仕立てあげ、国民が選んだ与党国会議員を抹殺することは許されない。

三井環氏の証人喚問を早急に行い、検察と自民党を一気に解体せよ!。 

国民も声をあげよ!


米国の手下、検察、自民党よ「死して屍、拾う者なし」である。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか