FC2ブログ

民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討

民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討

民主党もまだまだ未成熟の政党であり、現執行部も玉石混交の感が否めず、指導力不足、優柔不断、朝令暮改、
意志不統一などが露呈することがしばしばある。

その度にマスコミが揚げ足を取って大騒ぎするがそれに惑わされてはいけないのはいうまでも無い。

先日の特別会計の件もそうだが、「宗教課税」のような国の膿を出し、大きな改革につながる
極めて重大なテーマに取り組んでくれる素晴らしい点に注目するべきである。

宗教課税が実現すれば、創価学会や統一教会ような、宗教法人の皮をかぶった犯罪組織の
「地下銀行」「マネーロンダリング機関」としての機能を失う。

表に出れない裏社会のカネ、麻薬利潤、脱税資金が流通しなくなる。

政界の裏資金も流れなくなり、自公売国政治家が資金源を失う。

カルトの朝鮮人教祖が権力を失い、カルトから北朝鮮へのカネの流れも止まる。

日本国民の資産も金融ユダヤ人に流れなくなる。

ユダ鮮の癒着関係が崩壊する。一気にもろもろの暗雲が、台風一過の如く晴れていく。

「郵政ユダヤ化中止」「製造業への派遣労働禁止」「特別会計見直し・撤廃」といった自公政権では絶対に出来なかった救国課題を実現するには、民主党政権を維持するしかない。

マスコミの情報操作にのって、現政権の瑣末な問題点ばかりに意識を向けて、
また、自公時代に戻ってしまうことの無いように国民はしっかりと考えるべきだ。

”馬鹿な将軍的より怖い”とはよく言ったもので「小泉劇場」に踊らされて売国奴をリーダーにしたことで
この国がどうなったかを冷静に考えればわかると思う。

民主党の池田衆院議員と、研究会の有志に心より賛同し、応援しようと思う。



民主党有志、宗教法人の優遇税制を検討 

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100519/stt1005192159007-n1.htm

民主党の有志議員による「宗教と民主主義研究会」(会長・池田元久衆院議員)は19日、国会内で会合を開き、宗教法人税制のあり方をめぐり意見交換した。

池田氏は会合で「政治と宗教は明確に分離しなければならない。現状は大変問題が多い」と強調した。

研究会は公明党と支持母体の創価学会を牽制(けんせい)するねらいがあり、今後、元公明党委員長の矢野絢也氏を呼んでヒアリングすることにしている。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか