FC2ブログ

ついに実現!! 特別会計が原則廃止へ

これは革命的な一歩となって欲しいです。


ついに役人と利権政治屋が寄ってたかって国民の血税や資産を”盗む”手段として、
戦後、捏造された悪の温床「特別会計」が原則廃止されます。


今まで国民に隠してきた、一般会計の三倍とも四倍ともいわれるの規模を持つ特別会計の存在。


政権を取ってまだ一年も経っていないのに、特別会計の闇にメスを入れた民主党。


これほどの「快挙」を何故マスコミは報道しないのか。


こんな革命的なことを決断し実行できる政権与党を、なぜ、メディアは総動員で叩くのか?


特別会計に巣食ってきた、利権を奪われては困る、旧権力に属する政治屋と官僚たちの最後の頼みの綱が
”金で魂を売る売国メディア”なのである。


それも少しずつ力を失ってきている。

ちゃんと未来へつながっている。


しかし民主党も一枚岩一枚岩ではなく、玉石混交。

?がつく政策も少なくない。

きちんと監視していく必要があるのはいうまでも無い。



刷新会議、特別会計を抜本見直し 「不可欠」除き廃止


転載元URL
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051801000211.html 

政府の行政刷新会議が検討している特別会計改革案の全容が18日、判明した。

基本方針として「ゼロベースで見直し、必要不可欠なもの以外は廃止」と明記し、保険料収入が柱となる年金特会などを除き原則として廃止する方針を打ち出した。

同日夕の刷新会議会合で枝野幸男行政刷新担当相が報告、了承する方向だ。

一方で改革案は、2011年度予算編成に向け、各府省が概算要求段階から、所管する特会の事業や積立金の必要水準を総点検することも盛り込んだ。

結果を行刷相と国家戦略担当相、財務相が一体となって検討し、予算案に反映する。

改革案は「従来の特会見直しは不十分で、国民の不信感払拭には程遠い」と指摘。見直しの視点として

(1)特定受益者の負担が主な財源となる特会は独立採算制をさらに貫徹
(2)国として行うことが必要な事業について特会と一般会計に分ける必要性を検討
(3)特定財源の必要性を検証―の3点を挙げた。

11年度予算に関しては、「事業仕分け」などで無駄を指摘した事業を中心に必要性を検討。

競争入札の拡大など契約・調達の透明化、特別会計が保有する資産の売却や一般会計への繰り入れなどを進めるとしている。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか