FC2ブログ

オバマ、ケネディと同じ仕事に手を染める・・・・これをやった大統領は必ず暗殺される 

オバマ政権:連邦準備制度の監査の支持に回る 

http://www.msnbc.msn.com/id/37003798/ns/business-stocks_and_economy/【5月6日 By Jim Kuhnhenn】

200px-JohnFKennedy.jpg

200px-Official_portrait_of_Barack_Obama.jpg



 最終調整後、一時はオバマ政権の反対した連邦準備制度の監査を行う法案が、保守派とリベラル派の両者からの支持で上院を通過する瀬戸際にまで進んでいている。

 この法案に対し、連邦準備制度の通貨行政に対する権威に干渉しないというので満足していると語って、オバマ政権は6日反対を取り下げた。

 一回切りの監査は、2008年の金融危機の前後の数ヶ月、連邦準備制度の金融機関に対する緊急貸し出し施策に焦点を絞って行われる。

2008年の終わりには連邦準備銀行は合計で1兆1600億ドルを貸し出した。

 金融危機の影響の中で、金融メルトダウンを予見しなかったという点と、一部の人々が考えている、国で最大の金融機関と深すぎる馴れ合いの関係を持っていたことで、連邦準備制度は民衆の怒りの標的の一つになった。

バーモント州のバーニー・サンダース上院議員の提案した監査の方法は、党の活動家からリベラル派、労働組合などの政治的なさまざまな分野からの広範な支持を得ている。
 
 オバマ大統領が促していた監査に向かう動きは、上院が共和党の消費者擁護計画を拒否した後に進められた。この共和党の計画は、政権の金融規制パッケージの中核部分を希薄化させる可能性のあるものだった。

 民主党と大統領は、共和党の提案は消費者擁護を骨抜きにするという点を主張した。

投票は61対38で通過した。二人の共和党議員が賛成に回った。

 民主党は、連邦準備制度内に貸し出しを監視し、規制を執行する事務を執る独立した局を設けるよう提案している。

共和党の提案は連邦銀行預金保険会社(FDIC)の中に怒りを巻き起こすかもしれない。

このFDICは、規制を受け入れざるを得ないだろうし、執行は銀行の監査機関に委ねられるだろう。

 共和党は、民主党の法案内容は度を越えていて、強い消費者庁に銀行業に対する大きすぎる権限を与えてしまうことになりかねない、と言っている。

民主党の法案は、共和党案への譲歩を見せていて、民主党はこれ以上の妥協はないとしている。

 「銀行の不公正で貪欲な活動を野放しにし、アメリカ国民に何の力も与えず消費者擁護を骨抜きにする代替案は受け入れがたい」と、オバマ大統領は投票前の声明で語った。

 消費者擁護におけるこの鋭い対立は、連邦準備制度に対する監査における超党派的な支持と対照的である。

 この修正案は議会の調査機関である政府会計責任局に、連邦準備銀行が2008年後半、金融危機の最中に緊急貸し出しを金融機関に対して行ったことに対する一回限りの監査を行うよう要求することになる。

 連邦準備制度と財務省は、連邦準備制度の独立性を損なうことになると言って、そのような監査には反対している。

 しかしサンダース議員は、監査はもっぱら2007年末から今までの連邦準備銀行の短期貸し出しに焦点を絞ると言っている。

この監査は1年以内に終了しなければならないだろうという。
 
 サンダース議員は、融資を受けた金融機関と連邦準備銀行理事たちが関係した利害の衝突があったかどうかを見たい、と述べた。

更に、サンダース議員は監査は、連邦準備銀行から無利子ローンを受けた金融機関が政府の利子付き国債を買ったかどうかを調べることになるだろう、と語った。 

「もしそのようなケースがあったら、大きな詐欺行為ということになると思うよ」とサンダース議員は述べた。

 この修正案はまた、連邦準備制度に対し、危機の前後の貸し出しに関して自分のウェブサイトに情報を掲載することを要求することになるだろう。

 金融危機で動揺していた銀行の流動性を高めることを目指していた連邦準備銀行の短期貸し出しは、ウォール街のメルトダウンの最中に劇的に高まった。

 6日の午後、ニール・ウォーリン財務副長官はオバマ政権が監査法案には反対であると述べた。

しかし数時間後、サンダース議員との折衝の後、ウォーリン氏は反対を撤回した。

 「我々はサンダース上院議員により改正された修正案が適切なバランスを保ったものであることに自信を持っている。

貸し出し計画を完璧に透明性を持った形で示し、同時にわが国に大きく寄与してきた通貨行政に対する中央銀行の基本的な原則を保護している」とその声明の中でウォーリン氏は語った。


追記

ケネディ大統領が暗殺された原因のひとつといわれているのが

政府通貨を発行しようとしたことがありますね。

オバマ大統領暗殺説は就任当初からありますが、

2011年秋という説が一番多いようですが

理由がはっきりしません。

一度よく調べてみます。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

実は今日「ケネディ大統領」をテーマにブログを書きまして、

他の皆さん、どうかなと思い、覗かせていただけました。


おもしろいですね。

ありがとうございました。

No title

よかったらURL教えてください。

遊びに行きます。^^
プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか