FC2ブログ

あれ、連休の小沢訪米はどうなったの?

あれ、連休の小沢訪米はどうなったの?


どうやら、米国財政が火の車で、日米会談どころではないようです。

自転車操業で何とか財政危機を先送りして誤魔化そうと企んでいる今、小沢さんをワシントンに呼んで懐柔して、「日本から金を引き出そう、日本の民主党様に土下座してでもユダ金に協力してもらおう」という姦計を実行する余裕すらないということのようです。(民主党にも更々そんな気はないようですが。)

「米国連邦政府財政赤字の累積は、6000兆円台(65.5兆ドル」であるそうで、なかなか豪快でセクシーな数字ではありませんか?こりゃ、ちょっとやそっとでは危機回避できないから、やはり、表向き黒人に見える小浜さんに、国家デフォルトさせて全責任を押し付けるということでしょうか?はてさて、1980年代の南米の国家デフォルトのツケを911のWTC制御倒壊で、南米債権(ブレディー債)幹事会社のカンターフィッツジェラルド証券もろとも闇に葬り去ったのはいいけれど、その後まだまだ危機が続いてきたわけです。

サブプライム・バブルをねつ造して無理やり景気を延命拡大してきたものの、ついに限界が来てしまった。

結果、サブプラ危機発現でユダ金がことごとく疲弊。シティ・バンクをはじめとしたゴロツキ・ユダヤ金融犯罪資本を連邦政府が救済した結果、連邦政府の財政赤字が天文学的数字になってしまった。

この事態はある意味、日本にとっては福音かも。

今更、日本の郵貯から350兆円ほど略奪したところで、財政破綻を回避はできないのです。

(米国がデフォルトすれば700兆円からの日本の在米資産もほぼ消えてなくなりますが、ヤクザ国家米国との手切れ金と思って、さっさと気持ちを切り替えて日本国家復興に向かいましょう。w働かない無芸大食のパートナーとは早く分かれた方がいい。ビールばっかり飲みやがって。)

ということで、米国経済破綻が秒読み段階のようです。

ユダ金は米連邦政府に負債を押し付けて、自分たちだけは生き延びるおつもりかもしれないけれど、「金融工学」「金融資本主義」が終焉したことはまちがいない。

ユダ金の一部が生き残ろうがどうしようが、マネーゲームに対して世界の民が根底から信用を喪失したことには変わりはない。

米国がデフォルトを宣言し、勝手にドルを新紙幣に変更して借金を踏み倒すことは可能です。

だが、その瞬間に米国は世界から信用されなくなるのです。

破産国家なのです。

それで結構です。

国家デフォルト宣言が米国の覇権の終焉を意味し、世界の平和と安寧を担保するならば。金融破綻が地球の浄化に必要ならば、甘んじて受け入れましょう。

(日本の金融破綻がB層国民の覚醒に繋がる鍵となるかも!そのくらいの衝撃がないと、眼のさめない人たちがまだまだいるように思います。「米国の国家デフォルト」に直面し、米国信仰・崇拝の愚に誰もが気がつくことで、はじめて日本独立が実現する?)

(米国がいつもの通りの「戦争惹起」を実現できない限り、米国の覇権時代は終焉します。北朝鮮を使って極東で戦争を起こして、何もかもうやむやにしようと企んでいますが、これも独立党が阻止します。マジな話です。w)

●新ベンチャー革命2010年4月8日 No.105
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/12285231.html

タイトル: 小沢訪米ドタキャン報道にみるマスコミ対米観の病的卑屈性

1.小沢訪米キャンセルに大喜びする反小沢マスコミ

2010年4月7日、ゴールデンウィークを3週間後に控えて、2月に米国務次官補カート・キャンベルに要請されていた小沢氏の5月訪米(注1)が米国サイドからドタキャンされたようです。小沢氏は、オバマとの会見を条件にしていたので、その条件が受け入れられなかったのでしょう。

このニュースに小躍りして喜んでいるのが産経、読売など反小沢マスコミの連中です。

日米外交が暗礁に乗り上げた、それもこれも、小沢民主党のせいだといわんばかりの論調です。

彼らの対米観は例によって“アメリカ様を怒らせると日本は大変なことになる”という、いつもの陳腐なオオカミ少年まがいの報道です。

この期におよんで、どこまで寝ぼけた報道をかましているのでしょうか、反小沢マスコミは。

ところでオオカミ少年の反小沢マスコミにまんまと乗せられるイイ大人が多いようです。

彼らマスコミ世論調査で、もっとも首相にふさわしい政治家に、あのマスゾエ氏(注2)が挙げられています。

この世論調査が正しいなら、人を見る目がないイイ大人が増えています、日本には。マスゾエ氏がどんな人物かは、拙稿ブログ(注2)を読めばよくわかります。

単に目立ちたがり屋の扇動屋(アジテーター)です。

ところで、オオカミ少年の反小沢マスコミは、マスゾエよいしょ、“たちあがれ日本”新党ヨイショばかりやって、風雲急を告げる米国連邦政府の内情をなぜちっとも報道しないのでしょうか。

2.小沢訪米どころではない、非常にヤバイ米国連邦政府

さて今回の小沢訪米ドタキャンに関して、今のオバマサイドの内情をみれば、やっぱりそうかと、だいたい想像がつきます。まず3月下旬のオバマのグアム訪問がドタキャンされ、3月末のアフガン電撃訪問が行われる(注3)など、今、オバマ政権は、トテモトテモ日本を相手にしているどころではありません。

米国D系戦争屋は、アフガン開戦に向けて盛んにオバマを背突いています。

しかしオバマ政権にとっては戦争どころではありません。

連邦政府には戦争やるおカネなぞビタ一文ないのです。

おカネがないどころか、財政は借金まみれで真っ赤っかです。

米国連邦政府財政赤字の累積は、6000兆円台(65.5兆ドル)を超えると言われています(注4)。

折しも2010年3月8日、米財務省は4月に新百ドル札を発行すると発表しています(注5)。

いよいよ出ました。何かやるつもりなのは間違いありません。

上記、米国連邦政府赤字6000兆円台という数字は、2007年末にピークを打った金融商品CDS(Credit Default Swap)の想定元本総額62.2兆ドル(6220兆円)に相当します(注6)。

21世紀になってさんざん暴れ回った国際金融資本(銀行屋=FRBのオーナー)のツケがすべて、米国連邦政府(=オバマ政権)に押しつけられていることを意味します。

この天文学的巨額のツケをいったん、ご破算にする方法はひとつしかありません。

オバマによる米国連邦政府のデフォルト宣言です。

上記の背景を鑑みれば、小沢・亀井コンビが、郵貯・簡保でいくら米国債を買い増し(注1)しても、焼け石に水です。

だからと言って、D系戦争屋の要請どおり、アフガン・イラン戦争に使われるのは(注1)、日本にとってまっぴら御免です。

小沢氏がオバマに対し郵貯・簡保資金による米国債購入の戦争流用に難色を示した可能性があります。

それなら、小沢訪米ドタキャンはむしろ大歓迎です。

今、アメリカ様が日本に作り笑いするようなら、それは、日本政府が国民に内緒で、こっそりアメリカ様に何か貢いでいるケースしかありません。

わかっているのか反小沢マスコミよ。

3.米国連邦政府は財政破綻しても、FRBオーナーの懐は潤っているはず

戦争屋と銀行屋で構成される双頭の鷲・世界的寡頭勢力(白人)がなぜ、黒人オバマを米国大統領にしたか、そのワケが見え始めました。

オバマ発デフォルト宣言によって世界中から殺到する対米非難を黒人オバマにいっさいがっさい押しつける魂胆でしょう。

ここで誤解なきよう断っておきますが、上記は、あくまで米国連邦政府が、巨額の財政赤字を抱えているという意味であって、米国あるいは地球上から6000兆円規模の米ドル(数字だけが動く架空的金融取引を含む)が消えたわけではありません。

米国中央銀行FRBを牛耳る世界的寡頭勢力(国際金融危機の仕掛け人)の懐に、それがたんまり隠されているはずです。

彼らは、自分たちの道具に過ぎない米国連邦政府を犠牲にしても痛くも痒くもないのです。

4.いよいよ“日米抱きつき心中”が視野に入ったか

ここで言っておきますが、世界一の対米債権国、それは我が日本です。

日本の外貨準備高1兆ドル(100兆円)という数字は、2001年以降に公表されている日本政府持ち分のみの累積です。

2001年以前の対米債権を含み、日本全体の抱える対米債権累積総額は700兆円規模(副島隆彦氏の試算値)にのぼると言われています。

オバマがデフォルト宣言すれば、もちろん、これはすべてパー、国家による借金の踏み倒しです。

米国連邦政府の中枢に陣取る米国覇権主義者は、日本を属国とみなしていますから、日本政府を脅かして、借金をチャラにしようという魂胆でしょう。

このように日本国民は真底、なめられています。

副島隆彦氏命名の“日米抱きつき心中”(注1)がいよいよ、実行される可能性が高まりました。

米国連邦政府は、日本の対米債権累積総額の真の値(700兆円規模)を日本国民に、絶対に秘密にするよう日本政府に強く迫り、負債総額は公表されている1兆ドルという額で通し、日本国民を最後まで徹底してごまかそうとするでしょう。

それでも賢明なる日本国民が、ネット情報によって(大手マスコミによって、では決してない)米国連邦政府の対日借金踏み倒しに気付き、激怒したとしても、その怒りの矛先は、真のワルである世界的寡頭勢力には向かわず、黒人大統領のオバマ(黒人タイガーウッズのネガティブ・イメージとダブるようすでに心理工作されている)に向うよう仕向けられています。

つまり有色人種同志が憎み合うようすでに細工されています。

5.日本と違って中国には気を使うオバマ政権

日本とならぶ対米債権国・中国も公表200兆円規模のドル債権を保有していますが、中国は米国にとって重要な市場となる上、日本と違って属国扱いされてはいません。

そこで4月8日、ガイトナー米財務長官が急遽、訪中するそうです。

中国に対しては、米中間にて何らかの密約が交わされる可能性が高いでしょう。

ところでネット世界では、オバマのデフォルト宣言後、米国通貨がドルからアメロに変えられるというウワサが前からあります。

すでにアメロ紙幣や硬貨がデンバーの造幣局で製造され準備(スタンバイ)されているというウワサもあります。

中国政府の保有するドル債権(2兆ドル規模)はアメロへの交換を認めるという密約が交わされているとのウワサもあります。

でなければ、あの中国がハイリスクの米国債を買うはずがありません。

ガイトナーは人民元の切り上げの交換条件で、中国保有の米ドルのアメロ交換を認めるつもりでしょう。

一方、日本の場合は、米国市場で多くの日本企業(人質)が商売している限り、有無を言わせず無理やり米国債を買わざるを得ません。

ほんとうに、最後の最後まで、米国覇権主義者から徹底的にクソバカにされるのが今の日本です。

戦後、自民党政権にて、長期にわたって朝貢的屈辱日米外交が繰り広げられた結果です。

そのような自民党を支持してきたのは日本国民ですから、今の状況はわれわれ国民の自業自得です。

小泉政権下で行われてきた郵政民営化の本質露呈(日本の貧乏化が顕著になった)で、その実態にやっと気付いたが、気付くのがあまりに遅すぎたということです。

6.反小沢マスコミは小沢降ろしの前に自民党の屈辱的対米外交を総括しろ

さて米国のような白人文化には“Give and Take”の文化は存在しますが、日本型の“義理と人情”の文化は存在しません。

つまり、日本人が一生懸命にアメリカ様に尽くしても、彼らはこう考えます、つまり“日本人が気味悪いほど、自分たちに尽くしてくれるが、それは所詮、アメリカのためではなく、自分(日本)のためにやっていることだ”と考えます。

なぜなら、アメリカ人自身がそうだからです。

だから、日本には、遠慮なく何でも要求し、言うことを聞かないなら、脅かせばよいという対日観が米国覇権主義者の間に定着してしまっています。

一方、同じアジア人でも、彼らは中国人には一目を置いて接します。中国政府は米国政府にいつでも“NO”と言える対等関係を構築しているからです。

その証拠に、今回、オバマ政権は、財務長官ガイトナーをあわてて中国に派遣し丁重に対応しています。

その一方、日本に対しては、平気で無礼なドタキャンをやるし、高飛車対応しています。

こうなったのは、決して小沢民主党政権だからではありません。

自民党時代からちっとも変わっていません。

悪徳ペンタゴンの反小沢マスコミよ“アメリカ様を怒らせると大変なことになる”という病的に卑屈な発想こそが、アメリカ様の日本人への高飛車態度につながっていることに早く気付けよ。



http://richardkoshimizu.at.webry.info/201004/article_73.html



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか