FC2ブログ

イスラエルが生贄にされて第三次世界大戦 ハルマゲドン勃発!

5月6日からイランを悪に仕立てる大きなキャンペーンが始まり、11月8日未明に実際の攻撃が行われるというものだ。以下が詳細な要約である。

「狼と稲光作戦」、新たな戦争の季節、最悪の選択

そろそろ第3次大戦が始まる。

少なくとも、「母国を守るためのやむを得ない処置」だとして、「国民が最悪の選択を支持する」ように仕向ける宣伝戦では、第3次大戦はすでに始まったといってもよい。

第3次大戦の引き金を引くのは、イスラエルによるイラン攻撃である。

これまでのわれわれの分析結果ではイスラエルのイラン攻撃は「過ち」であるとなっていた。

われわれはこの立場を変更することにした。

イスラエルの攻撃は、世界を核戦争へと引っ張り込むために「イスラエル」を「生贄にする」ことが目的なのだ。

もちろんイスラエル国民は、自分たちがモロックやバショテップ、そしてバチカンが崇拝する戦争の神への生贄になることに気づいてはいない。

第3次大戦が始まる。

われわれのデータにある感情値の解釈では、第3次大戦は11月8日の夜明け前に始まることになっている。

この日に、イスラエルはイランを攻撃し、シオニストの「政治指導者」によってイスラエルは生贄に捧げられる日となるのだ。

攻撃から数分で、イスラエル国民にとって攻撃は間違った方向に展開し始める。

攻撃に対する報復は迅速で予測を越えている。

イスラエルの「政治指導者」は裏の事情を十分に知っているため、攻撃が行われるときにはイスラエル国内にはいない。

11月8日になると、世界的な核戦争は目前になる。

イラン攻撃の数分後から、あらゆる方面で報復が開始され、多くのイスラエル国民が殺される。

イラン攻撃が行われると、イランの報復は迅速に行われることを知っているイスラエル国民は国外に脱出する。

これも彼らのプランの一部である。

多くのイスラエル国民が炎とガスと爆発の中で死んでゆくと、アメリカの主要メディアは「数百万人の抑圧されたユダヤ人が殺戮されている。

いますぐ行動を起こさなければならない!」と計画に沿った大宣伝を繰り広げることだろう。

もちろん影の支配勢力は、攻撃の数カ月前から、米国民がイランを徹底的に憎むようなプロパガンダを展開している。

彼らは、サブリミナル効果を使って際限なくメッセージを繰り返し、米国民が「かわいそうなイスラエルを救え」の声に反応するように、慎重に選ばれた言葉で彼らを洗脳する。

アメリカこそが戦争マシーンのカギを握っている国なので、影の支配勢力が実施するキャンペーンはアメリカでもっとも激しく行われる。

11月8日に米国民が影の支配勢力の要請に応じると、彼らを待っているのは、狂ってしまったかのような世界のイメージだ。

主要メディアが流す報道番組では、何の罪もないイスラエル人が理由なく邪悪な敵に殺され、政治家が涙を流して泣くシーンが洪水のようにあふれる。

報道番組では、米国民にもっとも好まれている有名人が多数出演し、「イランをちょっと核攻撃しただけなのになんという目に合っているのだ。かわいそうなイスラエル!」と涙を流しながら絶唱し、他の有名人も「かわいそうなシオニストの受難に涙しよう」などと、すでに準備されたセリフを連呼する。

そうしながら米国民を「立ち上がれキリスト教徒よ!犠牲になったかわいそうなイスラエルの報復の戦いに参加するのだ!」と扇動sにアメリカの政治指導者のもとに結集させる。

そうして彼らは犠牲になった幾人かの個人の名を紹介し、「邪悪な悪魔は止めなければならない!」と国民を洗脳するのだ。

影の支配勢力は、議会やバチカン、そしてCFRと協力し、それぞれ申しわせた役割を演じて国民の洗脳を完成させる。

また、FOXニュースチャンネルのような保守派の放送局は、栄光の死への渇望と宗教戦争の情熱で報道の調子を上げ、血に飢えた抒情詩人のように報道する。

そうして彼らは、放送局に1080台もあるハイビジョンスクリーンを通していっせいに「キリスト教徒原理主義者よ、立ち上がれ!殺しのときが来た!わが愛するイスラエルのために死ぬ準備をせよ!」と米国民に向かって絶唱する。

第3次大戦が始まった。

注意深い観察者なら、影の支配勢力がアメリカでプロパガンダを仕掛けるのが分かるだろう。

彼らは、死の儀式の第3次大戦にわれわれが参加するようにプロパガンダを仕掛けるのだ。

第3次大戦が始まった。

影の支配勢力はすでにあなた(アメリカ人)の儀式的な死を準備している。

これを否認するのか受け入れるのかはあなた次第だ。

どちらにしてもひどい選択だ。

何十億もの人間が、一切抵抗することなく柔順に命令にしたがい死へと行進するのか、またはそのようなことは一切存在しないとして現実を否認し、洗脳するに身を任せるかのどちらかなのだ。

彼らがだれに語りだれを無視するのか注意深く見るがよい。

どんなことが主題となり、それらがわれわれのの前にどのように提示されるのか見るがよい。

意識をしっかりと覚醒させ、彼らがどのように多くの人々の意識を眠らせ、死の戦争へと向かうのか見るべきなのだ。

意識の高い観察者ならば、支配勢力があなたの周囲の無防備な人々を洗脳するのを見ることができるはずだ。

戦争の季節は5月6日から始まる。

もうじきだ。影の支配勢力にはスローガンがあるようだ。

それは「よく観察してから決めろ。彼らのウソと君のひどい選択がそもそもの原因なのだから

http://www1.odn.ne.jp/cam22440/yoti01.htm

追記

これが本当にそうなるとすると

2011年2月からの新ドル札切り替え時期にちょうどいいですね。

核戦争の混乱に乗じてデノミか?

それにしても、よくもまあ飽きもせずにといった感じで
悪巧みするわ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか