FC2ブログ

石原慎太郎よ、まず自分の家系を調査せよ。

石原慎太郎が、「ネット情報」を根拠に、民主党中心に連立政権を組んでいるある党の党首や幹部の一部に、両親か先祖の代に「帰化」した家系の者がいる、だから「外国人参政権」にこだわるのだ、と発言したらしい。

僕も、「外国人参政権」には反対であり、この法案にこだわる民主党の政治姿勢には疑問を禁じえないが、それにしても自民党系の保守派の連中が、この問題を過大評価し、あたかもそれが国家存亡の危機にかかわるかのごとく大騒ぎするのに対しても、いかがなものか、と思うところだ。

僕は、この法案は、亀井静香国民新党代表が明確に反対し、法案が可決することになれば連立を解消し、離脱するとまで明言しているのだから、可決するとは思わない。

ところで石原慎太郎といえば、かつて、同じ選挙区から立候補した新井将敬のポスターに、「在日」とか「帰化」とかいういたずらを書き込んで顰蹙を買ったことがあるが、それにしても、相変わらず、言動が幼稚で単純であると言わなければならない。

新井将敬の場合は、実際、両親の家系が朝鮮半島系であり、新井自身も幼少時は朝鮮名を名乗り、いわゆる「在日」で、成人後に「帰化」した上で就職(国家公務員)し、選挙に立候補したということが事実だから、その行動はともかくとして、「在日」や「帰化」は事実だったわけだから、いくらかは弁解の余地がないわけではないが、今回の石原発言は、明らかに怪しい「ネット情報」を真に受けての「事実誤認」に基づく問題発言であると思う。

さっそく、福島瑞穂社民党党首が、 19日朝に記者会見を開き、「私も私の両親も帰化した者ではありません。明確に否定します。石原知事のようにそのことを問題とすること自体、人種差別ではないかと考えます」「外国人地方参政権に賛成する立場は自分の政治信条であり、石原知事の発言は名誉棄損にあたる」と述べ、発言を撤回しなければ法的手段に訴える、と発言撤回を求めて厳しく抗議しているが、当然のことだろう。

今回の石原発言は、明らかに社民党党首・福島瑞穂をターゲットにしていると思われるからだ。

それにしても、石原発言はあまりにも幼稚である。

韓国、北朝鮮、中国を眼の敵にする民族差別的発言は、偏狭なナショナリズムとでも呼ぶべき心理構造に起因するもので、最近の保守派で頻繁に繰り返されているが、僕は、こういうレベルの低い「差別発言」で成り立っているところろに、最近の保守思想や保守論壇の「愚者の楽園化」の原因があると考える。

そもそも家系が朝鮮系や中国系であることが、何故、批判されなければならないのか。

僕は、大学で、長年、中国や韓国からの留学生に「日本事情」や「日本文化論」を教えてきたが、最近の日本の保守論壇に蔓延している中国批判、韓国批判の言説の多くは、実態とかけ離れた妄想的なものばかりである。

そもそも日本人の先祖をたどれば、朝鮮系や中国系は少なくないないだろう。

石原も、自分の家系を徹底的に調査して、それから発言すべきだろう。

石原の父親は、石原慎太郎の母親とは再婚で、石原慎太郎には腹違いの兄がいるらしいが、いったい、どういう氏素性の人物だったのか。石原と石原文学にとって、湘南高校時代に急死した、この父親の存在は大きいと思われるが、つまりこの父親の急死は、フロイド的な「父親殺し」のテーマともつながるはずだが、しかし石原は、何故だか分からないが、その父親についてあまり多くを語ったり書いたりしていない。

何故、石原は父親について語ろうとしないのか。

佐野眞一著『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』によれば、こうだ。

【「慎太郎、裕次郎兄弟は十代から湘南の海でヨットを乗り回した。そのブルジョワ的イメージから、そもそもからして資産家階級の出身だと思われがちである。父親も大学出のエリートサラリーマンだったと思うのが一般的な見方だろう。だが実際の潔は中学もまともに卒業せず、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの船会社にもぐりこんだとはいえ痰壺洗いという最末端の仕事から這いあがっていかざるをえない男だった。肉体労働者階級出身でありながら、そんなことはおくびにも出さずリッチな生活はあたかも天与のものだったかのごときにふるまう。イメージと現実のこのあまりにも大きすぎる落差のなかに、慎太郎という男の謎を解く一つのカギがかくされている。】

同じように若くして急死した父親を持つ大江健三郎が、最新作『水死』をあげるまでもなく、父親の死に執拗にこだわるのと比較してみれば、その差異は歴然としている。

他人の家族の家系を誹謗中傷するならば、まず自分の家系をさらけ出すべきである。


【石原知事“帰化”発言、福島氏が撤回求める

 社民党・福島党首は19日、東京・石原都知事が17日に「与党の党首や幹部は帰化した人の子孫が多い」と発言したことについて、「事実誤認だ」などとして撤回を求めた。

 石原知事は17日の永住外国人地方参政権に反対する集会で、「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか与党の大幹部ってのは、調べてみると(帰化した人の子孫が)多いんですな」と述べた。その上で、「帰化した人の子孫がご先祖の心情を忖度(そんたく)したのか知らないが、外国人に地方参政権を与えるというのはどういうことか」と発言した。

 これに対し、福島党首は19日朝に記者会見を開き、「私も私の両親も帰化した者ではありません。明確に否定します。石原知事のようにそのことを問題とすること自体、人種差別ではないかと考えます」と述べ、石原知事に発言の撤回を求めた。また、「外国人地方参政権に賛成する立場は自分の政治信条であり、石原知事の発言は名誉棄損にあたる」として、発言を撤回しなければ法的手段に訴える考えを示した。】



転載元URL

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか