FC2ブログ

今、民主党を批判して何になる

週末、珍しく少しだけテレビを見た。

(K-1MAXは別、あれはたくさん見た。)

やはり、マスコミが世界の勢力派閥のどちら側にいるのか
非常に良くわかる。

馬鹿の一つ覚えのように民主党政権の
重箱の隅をつつくようなことばかりしている。

では元に戻ればいいのか?

今、民主党を批判して何になる

今、民主党を批判して誰が得するのか
得する人間が批判を繰り返しているのだ。

もちろん国民は決して得をしないのは
言うまでもない。


そりゃ民主党政権だって無条件に支持は出来ない。

でも、ここまでくれば毒食わば皿までだろう

 いつものことだが、また鳩山内閣が迷走している。

生方騒動につづいて、今度は郵政民営化の見直し問題で閣内に亀裂だ。

タイミングの悪いことに、中井洽国家公安委員長の女性スキャンダルまで噴き出した。

よくもまあ、次から次へと問題が起こるものだ。

 これでは、支持率が下がるのも仕方がないのか。世論調査を見ると、昨年の衆院選で民主党を支持した有権者が、民主党政権に失望しはじめている。

 政権交代があったことについては「よかった」と68%が評価しているが、いまの政治に「満足」しているのは14%しかなく、「不満」が82%に達している。

国民の意思を「反映している」は26%、「反映していない」は72%だ。

 しかし、日本の有権者は政治意識が低すぎる。

国民が民主党を支持し、戦後初めて、選挙による政権交代を実現させたのは、ほんの半年前のことだ。

少しくらい期待を裏切られても、自分たちでつくった政権なのだから、長い目で政権を育てる必要があるのではないか。

 だいたい政権が発足してから、まだ半年しかたっていないのに、失望するのは早すぎるというものだ。

歴史作家の加来耕三氏がこう言う。

「国民はせっかち過ぎます。政権交代したからといって、次の日から成果があがるはずがありません。
 
たとえば明治維新です。

明治政府が落ち着くまで10年かかっている。

1868年に江戸幕府を倒したが、その後も内乱の連続だった。

佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱……。

77年に西南戦争を鎮圧し、やっと中央集権の明治政府の形が固まった。

強大な武力を誇った明治政府でさえ既得権の抵抗に手を焼いたのです。

まして、民主主義の下で一歩一歩、政策を進めなくてはいけない鳩山政権が、半年程度でなにもかもやれるはずがあり

ません」

 民間企業だって、赤字会社を半年やそこいらでは黒字にできやしない。


●着実に実績を残している鳩山政権

 なにより、民主党政権の目指す「国民生活が第一」という方向は間違っていない。

有権者が民主党を支持したのも、理念に共感したからだろう。

 国民は鳩山政権に失望するヒマがあったら、理念を実現するように民主党の尻を叩くことだ。

「国民の多くが鳩山政権に歯がゆさを感じているのはよく分かります。

しかし、政治のプロから見ると予想以上に成果を挙げているのも事実です。

大臣経験者がほとんどいない素人の集まりなのに、戦後5番目の速さで予算を成立させた。

自民党政権では絶対に思いつかない『事業仕分け』という画期的なこともやった。

驚くのは、日米外交の『密約』まで認めたことです。

間違いなく、戦後史に残る成果です。

迷走していると批判される普天間問題だって、もともと自民党が10年以上解決できなかった難問。

ただでさえ難しい問題を、鳩山首相はなんとか『県外』という高いハードルで決着させようとしている。

なぜ、大マスコミがあそこまで批判するのか分かりません」(政治評論家・本澤二郎氏)

 鳩山内閣の未熟さが目につくこともある。

たしかに失敗も多い。

しかし、あの中曽根康弘だって、首相就任半年間は、腰が落ち着かず、自分がなにをやっているのか、分からない状態だったそうだ。

鳩山政権が、多少ガタつくのは仕方がない。

 しかも、民主党政権は、自民党政権が60年間築き上げた「政官財」の癒着構造を叩き壊して、「国民生活が第一」という、まったく新しい政治システムをつくろうとしている。

簡単にやれるはずがない。カベにぶち当たるのは当たり前だ。

「もし、国民が鳩山政権にスピーディーな成果を求めるなら、剛腕の小沢一郎にすべての権限を与えることです。

彼に権力を集中させれば、多くのことが解決していくでしょう。

ところが、小沢一郎が動くと、国民は『独裁だ』と批判するのだから支離滅裂です」(本澤二郎氏=前出)

 国民は、自分たちが民主党政権をつくったという自覚がなさすぎる。

ここで民主党に失望してもなにもはじまらない。

昨年の衆院選の一票がムダになるだけだ。



●だったら自民党政権に戻せばいいのか!

 ところが、有権者だけでなく、民主党政権の実現のために論陣を張ってきた学者までが民主党批判に転じているのだから、どうかしている。

「毒を食らわば皿まで」ではないが、一度、民主党を応援したのなら、最後まで初心を貫くのが学者の良心というものだろう。

 いまごろ「見込み違いだった」というなら、見識を疑われるというものだ。

この先、なにを言っても信用されないと覚悟したほうがいい。

 それよりなにより、いま民主党を批判したら、自民党と官僚を喜ばせるだけということを分かっていないのではないか。

九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)が言う。

「民主党を批判している人は、どんな政権を望んでいるのでしょうか。

まさか、自民党政権の復活を期待しているわけじゃないでしょう。

国民は、自民党の賞味期限は切れたと判断して民主党政権を誕生させたのです。

実際、60年つづいた自民党政治は完全に行き詰まっていた。

借金だけ膨らませ、福祉を削り、雇用まで破壊してしまった。

国民は自民党にウンザリしているのです。

しかし、このまま民主党への批判がやまず、支持率が下落したら、夏の参院選はどうなるか分からない。

死んだはずの自民党が勢いづき、民主党は過半数を割り込み、日本の政治は再び大混乱に陥ってしまいかねない。国民

が本当にそんな政治状況を望んでいるとは思えません」

 日本の政治をよみがえらせるためには、自民党政治を完全に叩き壊し、民主党に国民のための政策を実現させるしかない。
 
そのために、いま国民がすべきことはなにか、ハッキリしているはずである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

どうも我慢が出来ない人種かも?

そうですね~

確かに問題山積 あれもこれも・・・
でも自民党のゴタゴタ どっちも同じ
だったらもう少し任せてみなはれ~

そういう気持ちにならないもんかな

No title

popboyさん

でも結局は弁証法ですかね^^;

No title

テレビや新聞の報道が変だと思ったことはありませんか?
マスコミが危険な団体の支配下にあるとしたら?

民主党が危険な政党だと知っていますか?

今、日本は危機的な状況にあります。
以下に参考になるサイトや書籍を紹介します。
たくさんの人が、ブログやYou Tube、ニコニコ動画等で呼びかけています。

国民が知らない反日の実態 (←初めて読む方向け)
http://www35.atwiki.jp/kolia/
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html(民主党の正体)

選挙前.COM
http://senkyomae.com/

博士の独り言
http://specialnotes.blog77.fc2.com/

本「民主党の正体」オークラ出版

本「民主党解剖」産経新聞出版社

私は上記サイト等とは何の関係も無くどこにも属さない個人です。

書き込み失礼いたしました。

No title

とおりすがりさん

いろいろ教えてくれてありがとうございます。

あらゆる方面から情報は精査するべきですよね。

参考にさせていただきます。
プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか