FC2ブログ

日本郵政:非正規10万を正社員に!これでいい。亀井先生、快挙!

リチャードコシミズブログより~

当然、人件費は増える。

だが正社員に雇用された10万人のやる気は3倍増になる。

「社員を大事にしてやる気を出させ、企業の業績に貢献してもらう」という基本中の基本を日本郵政に実践していただこう。

他の企業も必ず追従するはずだ。

その方がうまくいくのだから。

企業の業績は上向き、労働者の実収入が増えて景気も良くなる。

小泉竹中がぼろぼろにした日本の企業社会を亀井先生の号令下、修復し、強くしなやかでタフな社会を取り戻そう。

我々は世界に冠たる日本人である。

本来の力を発揮すれば誰にも負けることなどない。




●日本郵政、非正規の半数10万人を正社員に 3月17日14時30分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000572-yom-bus_all



日本郵政は17日、グループで計約20万人の非正規社員のうち約10万人を、2010年度から3~4年かけて正規社員に登用する方針を固めた。

亀井郵政改革相が日本郵政からこの方針の説明を受けて了承し、同日、鳩山首相に伝えた。

非正規社員の雇用の安定につながる一方、年間で最大3000億円のコスト増になるとの試算もあり、収益力のさらなる向上を迫られそうだ。

日本郵政は従業員約43万7000人のうち、非正規社員が約20万4000人と半数近くを占める。

亀井郵政改革相は「小泉改革路線」を見直す象徴として、日本郵政側に対し、非正規社員の正規採用を求めていた。

これを受け、日本郵政では、正規社員と同様の勤務実態で、正規雇用を希望する約10万人を登用することにした。

大量の採用にともない、郵政民営化で廃止された社内研修機関「郵政大学校」を復活させて、採用に関する選考や研修を再開する方針だ。

ただ、正規社員とすることにより、グループの人件費が年間2000億~3000億円程度増えるとみられる。

09年3月期連結決算の経常利益8305億円の4分の1から3分の1にあたる。

また、日本郵政は経営改革の一環として、官僚OBが役職員で在籍するなどしている「ファミリー企業」157法人について、必要な企業は子会社化し、それ以外は取引をやめる方針を決めた。

さらに、郵便局などで使用する事務用品の調達について、東京一括調達から、原則として地方調達に切り替える。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

絵図師撲滅部隊

Author:絵図師撲滅部隊
今の世の中、偶然の出来事なんてありません。
全て『マッチポンプ』、、、仕組まれたこと。
戦争もテロも紛争も貧困も病気も全てがそう!!
誰かが絵を描いている!!
そんな”やつら”に負けないために
”一人一人が覚醒する”手助けになれば幸いです。
何もせず、傍観しているだけでは”生きている”とは言えません。
ほんの少しでも、何でもいい、出来ることから!!
そんな気持ちで始めたブログです。
これからも、”心の銃”で戦っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
黄金の金玉を知らないか